ページ内を移動するためのリンクです

会議・研修の事例

スポーツが社内のコミュニケーションを活性化させる

実施概要

東京にある外資系メーカーA社のグローバルミーティング。さまざまな国籍のスタッフ間のコミュニケーションを図りたいとの要望に、近畿日本ツーリストはカーリングを活用することを提案した。

カテゴリー

会議・研修

内容

会議運営サポート

人数規模

100人

概算

1,000万円(発着・交通費・宿泊費含む)

旅行先・実施先

長野県

お客さまの課題

  • 国籍の異なる参加者が短時間で濃密なコミュニケーションを取れるイベント
  • レクリエーション要素の多いプログラム

ストーリー

東京にある外資系メーカーのA社は、世界各国にオフィスを持ち、さまざまな国籍のスタッフが在籍するグローバル企業。 毎年行われているグローバルミーティングは、普段、電話やメールでのやり取りが中心となっているメンバー間のコミュニケーションを活性化することが重要な目的。 しかしこれまでは、言語や慣習の違いもあり、目に見える成果が得られていなかったのも事実であった。

課題の解決

当社は、言語を問わず楽しめ、レクリエーションの要素を含んだプログラムとして、カーリングを利用したチームビルディングを提案した。 実施場所は「軽井沢アイスパーク」。普段はなかなか体験できないカーリング。初体験のスポーツに戸惑いながらも、メンバー同士が助け合いながらゲームを進めるうちに、一体感が生まれていった。 結果的に国籍に関係なく深いコミュニケーションを取ることができ、目的を達成。当社で事業展開しているスポーツを、ビジネスに活用した好例となった。

担当者の声

言語・文化の影響を受けにくく、かつ多人数が同時に行えるプログラムの選考に苦労しました。デスクワーク中心のプログラムはどうしても言葉の問題が出てきますが、カーリングはルールが明快ですし、進めていくうちに自然とコミュニケーションが深まります。 国際化が進む中、多国籍でチームを組むプロジェクトは当たり前になりました。チームの強化にはコミュニケーションの活性化が欠かせません。こうした課題を抱える企業、特にマネージャークラスの方に、スポーツの活用はおすすめです。

近畿日本ツ―リストコーポレートビジネス 企画担当

遠藤功起

近畿日本ツーリスト
グループ・トラベル・コンサルタント

KNT-CTホールディングス株式会社
〒163-0239 東京都新宿区西新宿2-6-1
新宿住友ビル 39F
グループ事業推進本部 営業推進部内

上記内容はすべてのエリア・支店で対応できない場合がございます。
また、内容によってはご対応できない場合がございますので予めご了承ください。

「よくある質問」をお読みの上、フォーム入力して送信して下さい。