助産師さんとは

「助産師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、助産又は妊婦、じょく婦若しくは新生児の保健指導を行うことを業とする女子をいいます。

 

助産師さんというと「分娩に関する助産を行う」イメージが大きいと思いますが、 助産師さんが担う「助産」は、それだけに留まりません。女性の妊娠、出産、産褥等の各時期において必要なケアおよび助言を行い、新生児及び乳児のケアを行うことができます。このケアには予防的措置、母子の異常な状態の発見、医学的援助を得ること、医学的援助が欠如している場合の緊急措置の実施が含まれます。

 

助産師さんは、母子のケア・家族のケアの専門家でもあり、女性の一生涯の健康を支援しています。

また、助産師は女性のためだけでなく、家族及び地域社会の中にあっても健康カウンセリングと教育に重要な役割を担っています。

その活動には産前教育と親になるための準備が含まれ、さらに婦人科の一部の領域、家族計画及び育児にまで及びます。また、助産師は助産院、病院、診療所をはじめとし、保健所、家庭、その他のサービスの場で業務を行うことができます。

 

助産師さんからのメッセージ

ご出産おめでとうございます。 新しい家族を迎え、家事に育児に忙しい日々をお過ごしと思います。

妊娠、出産は女性の心身に大きな変化をもたらします。 その後に続く産後は、授乳や育児により、妊娠以前とはまったく違う体に生まれ変わると言っても過言ではなく、心身ともにダイナミックな変化の時期です。

大きく変わる「大変」な時期。

このような時期には、適切なケアが必要になりますが、現代社会では情報が氾濫し、何が正しく自分に必要な事かを判断するのが難しくなっているように感じます。

 

当プランでは、産後の親子に合わせオリジナルで、完全オーダーメイドのプランを作成させていただきケアにあたります。マンツーマンだから出来る贅沢なケア。女性の生涯の健康の専門家として、育児から女性自身の健康、家族を含めてサポートさせていただきます。

一度立案したプランも赤ちゃんの状態や要望の変化に応じ柔軟に対応し、ニーズに合わせたベストなものを提供出来るよう努めさせていただきます。

 

がんばった自分へのご褒美として、大切な人へのプレゼントとして。

癒しと、明日からの元気のために、どうぞ産後プランをご利用ください。

お母様と赤ちゃん、そしてご家族の笑顔にお会いで出来るのを楽しみにしています。

一般社団法人産前産後ケア推進協会

代表理事 市川 香織 先生

*市川先生をはじめ、一般社団法人産前産後ケア推進協会の助産師が 当日のケアを担当します。

 

産前産後ケア推進協会からのアドバイス

産後3~4か月

ちょうど「授乳リズムの確立」の時期ですね。

授乳のリズムは生活のリズムそのものですので、母と子の体内時計が合ってきて、少し楽になってくるものです。この授乳リズムの確立によって、おっぱいは張らなくなります。おっぱいが張らないことはママの身体としては 整ってきた証拠。 おっぱいは「赤ちゃんが吸うと出る」ので安心してくださいね!産後3~4か月の時期は、ママの体調をチェックするポイントの時期ともいえます。張らない=もう出ない=母乳からミルクへ・・という勘違いも起こりやすい時期です。 正しい知識が必要ですね。

少し安定したこの時期だからこそ、自分の体にも目を向けましょう。

 

また、まもなく離乳食が始まりますね。離乳食の始め方など、いろいろお話させていただきます。

 

産後5~6か月

まさに離乳食を始めようかな・・というころですね。実母や義母から色々言われたり(実母の時代は離乳食のスタートが早かったので)という悩みもあるかもしれませんね。

また、次の子どもの計画や、夫との性交(実はセックスレスも問題になりやすい)などの悩みや不安もあるかと思いますが、これらは家族にとって、とても大事なことです。
助産師は性の専門家でもあります。こんなご相談も、もちろんOKです。

 

産後7~8か月

そろそろ子育てにも自信がついて、安定してくる時期ですね。外出も少し、楽になってきたのではないでしょうか?

ママの体調としては、月経が再開する頃ですので、 おっぱいの調子が少し変わってトラブルを起こすケースも珍しくありません。

油断は禁物です。

そして、まだまだ、育児に関する小さな疑問や悩みも、つきないことと思います。

育児休職中のママさんは、もしかして、そろそろ仕事をしていない自分への焦りを感じていませんか? 

「家事・育児・仕事を両立できるだろうか」、「大人と生産的な会話がしたい」と、思う方もいらっしゃるかもしれませんね。社会復帰や、自分のキャリアと生活のバランスなど、ゆっくりとレスパイトしながら、整理する時間も必要です。

 

産後レスパイトプランを通じて、子どもへの愛着、夫への感謝、そして何よりもあなた自身への信頼と自信などを、わたしたちと話すことで再発見して、明日への活力にしてもらえたらと思います。

当プランは、一般社団法人産前産後ケア推進協会と近畿日本ツーリストの共同企画で、 産後特有の心身の変化を踏まえ個別的なケアを行う、産後ケア専門のプログラムです。

 

ホテルパッケージ